そろいもそろってフィードバック

まじんのおのを装備できない

ますむらひろし氏へのファンレター

私は榛原亮(はいばらりょう)26歳です。

 

f:id:y2e629d9729jyxE05SE185:20180527054724p:image

 

私は学生さんや自主制作の映画に出演するのが好きなんですが、

先日、学生さんの映画のオーディションに参加しました。タヌキが人間に化けている設定の役で、脚本は自然美を表現し、タヌキと対をなす人間は少し暗い。

 

役者には役へのアプローチをする際に自身を見つめなおす事があります。

僕もこの作品に対して向き合い、自分と向き合い、そしてこの作品を「ますむらひろしさんが表現するような世界観にしたい」と感じて、そこから役作りが広がりました。

オーディションでは見て頂いた学生さんに喜んで頂きました。(5/26現在、合否は不明)

 

自身を見つめなおし、ますむらひろしさんの自分への強い影響を再確認しました。

 

私が小学生だった頃、私の父はあまり、ムダ遣いをするような人ではなく、母も教育の為に漫画は良くないし、子供が買うには値段が高いと言うような母でした。

そんな父が家に置いている唯一の漫画で、母が読むのを許してくれたのが、ますむらひろしさんのアタゴオル物語でした。

 

大学を選ぶ時は偏差値で入れる大学を適当に選びました。そして地球科学を勉強しました。

頭の中では、やりたい事がないと思っていて、ますむらひろしさんの事は完全に忘れていたのですが、

いま思えば、幼少期に無意識にますむらひろしさんの影響を受けていたから、私は心の声に従い潜在的に地球科学を選んでいたのかもしれません。

 

ますむらひろしさんは地球科学のファンで同じく地球科学のファンの宮沢賢治の作風を一部引き継いでいます。作品には地球科学と生物学的な描写や知識が織り込まれ、サイエンスとファンタジー、人間と動物、ビートルズ津軽弁などが独特に融合している。榛原亮は大学の研究で岩石薄片の顕微鏡観察を行う)

 

明確にますむらひろしさんの影響を感じ、あの素敵な世界を作りたいなあと思いました。

今後、そういった活動を通じて勉強したり喜んだりしたいなあ、と思いこちらに記します。